• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

長女:プリトル  長男:WIZ  次女:テイマ  三女:闘志      …で、お送りしますm(_ _)m


長女:『明けましておめでとう御座います♪』

長男:『おめでとう^^』

次女:『おめでとう・・・』

三女:『おめっとぉ~!』

次女:『・・・実はもぅ、今日11日・・・。』

長女:『言わなくていい・・・それは言わなくてもいいのっ><;』

長男:『触れたらいけないところだと思う。』

三女:『私らの所為じゃないぢゃんw 悪いのマスターw』

長女:『あぁ~・・・そうね、うん、そうだわ!w』

長男:『ほ、ほら、マスターも年末年始で忙しかったんだって・・・ね?』

長女:『とは言えねぇ・・・年末も年始も挨拶なしってんぢゃー・・・』

三女:『読者もいなくなるのよね~w』

次女:『・・・ランキング、ランク外から回復してた。』

三女:『えぇ~ホント!? 何位!? 何位になったん?』

長女:『えっとぉ~~・・・ あ、あったわ。 うわっ、お値段以上w』

長男:『ニトリ♪    ・・・ごめん、失敗した。』

三女:『w で、何位なの?』

長女:『36位だわ♪』

三女:『わぁ・・・何その回復っぷりはw』

次女:『私たちが・・・ブログにでたから・・・』

三女:『あぁっ!なるほど♪』

長男:『違うと思うよ・・・と、突っ込んでおくよ^^;』

長女:『投票してくださった皆様、ありがとう御座います^^』

長男:『ありがとう御座いますm(_ _)m』

三女:『36位とか・・・なにか組織票でも入ったのかしらねぇ?』

次女:『可能性は否定不可能』

長女:『いーのよっ、いーのっ!w 上がった事に素直に喜びなさいw』

長男:『あれだよ・・・みんな、鏡の結果を気にしてるんだよ・・・』

次女:『私のカバンの中で腐りそうになってる。』

長女:『えっ! あれ、期限あるのっ!!??』

三女:『本気にしちゃダメだってww ないでしょ?そんなのw』

次女:『うん。 普通に、入ってる。』

長女:『(;´Д`)・・・だまされた』

長男:『で・・・さぁ、姉さん。』

長女:『う?』

長男:『鏡・・・なにするか決めたん?』

長女:『ふふふ・・・・ Tハード だぁっ!』

三女:『やっぱそれで来たか!w』

長女:『火力上げるのに一番早いのはこれでしょ、やっぱりw』

次女:『貸してくれる人・担保・成功時資金・失敗時天上・・・あるの?』

長男:『あぁ・・・それそれ、そこ問題だよねぇ~』

長女:『ふっふっふ・・・♪』

三女:『え、もぅ手がまわしてあるの?w』

長女:『なぃっ! 全部、まだ用意してないっ!』

長男:『自身満々に言われると・・・なんか突っ込めない・・・』

次女:『無いものは、作るしかない』

長男:『サッポロビールかっ!    ・・・ごめん、また失敗した。』

三女:『今のは、ボケが分かりにくいわ・・・。』

長男:『うぅ・・・お金の問題はともかく、貸してくれる人、探さなきゃ・・・』

長女:『大丈夫・・・私には強力なGメンバーがいるわっ!』

三女:『この前も、姉さんが5億忘れてお世話になったばっかぢゃなぃw』

次女:『・・・;;』

三女:『あーーごめんごめんっ!! そんなつもりぢゃなぃの!』

長女:『もぅここまで着たらね・・・いくしかないのよ。』

三女:『どこへ・・・』

長女:『人脈ほって・・・掘りぬいて、突き抜けたら私の勝ち♪』

長男:『どこのドリルだ!     ・・・あれ、また失敗か・・・orz』

三女:『知り合いにいるなら、言うこと無いわねぇ・・・。』

長女:『だぁ~ぃじょーぶっ! 私、無駄に顔広いからっ!』

次女:『散歩ばかりしてるから・・・。』

長女:『ま・・・まじめに狩場とか行ってるからよっ!w』

長男:『どぅなるにせよ・・・新年まずスタートは、鏡に始まるわけだね。』

長女:『失敗しても、成功しても・・・今年もよろしくお願いいたしますw』

三女:『よろしくお願いしますねっw』

長男:『よろしくお願いいたしますm(_ _)m』





次女:『・・・・・・・私は失敗に50ペソ』

長女:『不吉なこといぅなーーーーw』


年明けてのご挨拶が大変遅くなりまして、申し訳御座いませんでした。
不健康になることも無く、家族全員無事に新年を向かえることができました。

皆様はいかがでしょうか。

昨年の大災害で多くの人々が無くなり、落ち着きの無い1年でしたが・・・
今年はせめて、良い年でありますように。

師匠・・・元気にしていらっしゃいますか?
引退された方々は、今もどこかで遊んでますか^^?

今年が、皆様にとって良い年でありますように♪
D-Star でした♪ m(_ _)m



長女:プリトル  長男:WIZ  次女:テイマ  三女:闘士

長女:『これが・・・鏡の魔法書・・・。』

長男:『なんか・・・神々しい気を放ってるね・・・』

三女:『ただの鏡なのにね・・・』

次女:『もぅ・・・これで最後』

長女:『ほんっと、お疲れ様だったわね~^^;』

長男:『カケラ集めの件、マスターに了解してもらえたんでしょ^^?』

次女:『うん。 もぅ自分のために頑張れって』

長女:『テイマでカケラ集めはね~、酷よね~』

長男:『範囲狩り・・・しづらいからね』

三女:『その代わりは私になるわけ?w』

長女:『MQまだだっけ?』

三女:『うんw マスターがヤル気なぃみたいw』

長男:『あ~・・・あれはね~・・・ヤル気にはならなぃね~』

三女:『無課金中やもんね』

長女:『そこが一番デカィ理由ねw』

次女:『鏡は・・・ なにするの』

長女:『そっれがねぇ~~~迷ってるのよ!』

長男:『何でまよってるん?』

長女:『えっとね~・・・・

[運比][HP][RS]花乙女 [ダメ][HP][HP]スタチャ [運比][HP][攻速]追跡人

[運比][運比][敏比] [速度][ダメ]ロイヤル [力比][力比][力比]ハード

長女:『 こんなところかな?』

長男:『迷いすぎ・・・ というか、こんなにする気なのか姉さん。』

三女:『欲深いというか・・・ そもそも、全部装備できなぃわ私』

次女:『私には必要ない・・・』

長男:『装備Lv的には・・・Tハード以外全部無理だね・・・』

長女:『そーなのよね~。 家族みんなで使えるのは、Tハードくらいかしら?』

次女:『私と兄さんには・・・無意味な代物ね』

長男:『犬になったら、知識上がっちゃうもんな、それだとw』

三女:『W運比敏比足なら・・・いける?』

長女:『装備Lvどのくらいかしらね~・・・?』

次女:『比率Lv2は75上昇。 3つなら225上昇。』

長男:『DX系の靴なら、やっぱ無理かなw』

三女:『だいたぃ、上の6つ全部やってたらさ・・・』

次女:『3回に1回・・・の成功率を6回で計18回。 1つ最短2ヶ月で36ヶ月』

長男:『3年か・・・! これは僕のモチベの問題だろうけど・・・』

長女:『ま、無理ねw』

三女:『私が手伝えたとしても、その半分か・・・』

長女:『全部しようとは、思ってないわよw』

次女:『マスター次第』

長女:『しかもこの最初の1回だって・・・成功するかどうかも分からないし』

長男:『失敗したら・・・立ち直れないな・・・』

長女:『半年・・・かかったものね。 それに5億も。』

三女:『いざやるにしても・・・勇気がいるよねぇ~』

長女:『失敗したら・・・ 転生するわw』

長男:『なぜだw』

長女:『これ以上強くなれないし、狩場で狩れないし・・・』

三女:『高レベル狩場は辛そうねぇ~』

長女:『なにより、足元の転生陣に憧れる♪』

次女:『どうなることやら・・・』



鏡は何とかGETしたものの、やる勇気も、何をするのかも漠然としておりますw

とりあえず、来年になってからかな~なんて思いながら・・・ サボリ全開中♪

今年も残り僅かですが、宜しくお願い致します♪


長女=プリトル , 長男=WIZ , 次女=テイマ , 三女=闘士

長女:『で・・・12月に入ったわけよね。』

次女:『久々・・・このタイプの記事』

長男:『マスターがさ、10月のブログランキング見てかなり凹んだらしいよ?』

三女:『私の登場が少なかったからよっ! 間違いないw』

次女:『それは無関係』

長女:『なっさけなぃわねぇ~?』

長男:『無課金でもあったみたぃだし。』

長女:『あ~~~それね、私は良いと思った、うん、とても♪』

次女:『散歩ができるから・・・。』

長女:『もぉね、毎日GDだの秘密だの、やれクエだのってそりゃもぅ・・・』

三女:『一番忙しそうだったもんね~w』

長女:『そぉよ~? お陰で675歳ってこれはもぅ立派な廃人よww』

長男:『いいぢゃなぃか。レベルが上がるのは^^』

三女:『私らなんて、課金してたって秘密もGDも・・・』

次女:『私の存在はカケラ出しでしかなぃ』

三女:『ねーっ! それもどぉかと思うよねぇー?』

長男:『僕は・・・構わないけどな・・・メテオ面白いし・・・』

三女:『兄ぃさんはねっ、そぉんなガリガリの身体してメテオなんて打つから・・・』

次女:『毎日、死んで帰ってくる』

長女:『バランス、考えようね♪』

長男:『うん・・・ まぁ・・・ ね。』

三女:『だいたぃね、何で月光着ときながら・・・死ぬの?』

次女:『プレイヤースキルがなぃ』

長男:『い・・・いや、それはその・・・』

長女:『釣りすぎなんぢゃなぃの?』

長男:『ほら、メテオの攻撃範囲って予想以上にひろぃ・・・』

三女:『周りが見えてないのよねぇーw』

長男:『あ・・・ほら、マスター風邪も引いてるらしいよ?』

長女:『風邪“も”って何よ、“も”ってw』

次女:『バカは・・・』

三女:『ぢゃぁマスターはバカじゃないとw』

長女:『そもそも、風邪なんてひかれたら、私たち何もできなぃぢゃん・・・』

長男:『そりゃそうだけど・・・しかたがないんじゃなぃかな』

次女:『だって人間だもの』

三女:『そういえば、私たちって風邪ひかないわねぇ~・・・』

次女:『風邪っていぅ異常状態がなぃし、なににかかったって万病があれば』

長男:『うんまぁ・・・そうなんだけどね・・・』

長女:『暇なのよぉー・・・散歩に行きたいわっ♪』

三女:『マスターが課金するまでは・・・元気になれば毎日いけるんじゃない?』

長女:『もぅ課金しなくていーわっw』

長男:『それぢゃぁ育たないじゃないかw』

長女:『いーのっw 育てた所で、上には上がいるってものよ?』

長男:『みもふたもない・・・orz』

三女:『転生は? 姉さん、しなぃの?』

長女:『だぁ~って、今したらほら・・・400だか500だか・・・下がるんでしょ?』

次女:『675歳の転生後は492歳』

長女:『ほらぁ~・・・ロイヤル持てないぢゃん?』

次女:『間違えた・・・494歳』

長男:『お、2歳上がった^^』

三女:『変わらなぃんぢゃなぃ?ww そのレベルの2歳ってw』

長女:『ロイヤルは544歳よぉ? そこまで上げるのに・・・またミズナが待ってる・・・』

長男:『いくつなの?544歳になれる転生前のLvって・・・』

次女:『700』

長女:『むぅ~~りぃ~~~w』

三女:『気の長い話ねぇ・・・』

長男:『700か・・・そんなWIZになってみたぃな・・・』

三女:『メテオ狩りで頻繁に死ぬようなWIZは、転生できなぃと思うわよw』

長男:『・・・頑張るよorz』



次女:『・・・突然だけど。』

長男:『ん?』

長女:『どしたの?』

三女:『なになにー?』



次女:『今月も、どうぞ宜しくお願い致します。』
D-Star でした m(_ _)m


Vol.1 を未読の方は こちらから。

プリンセスあっはははははははははは!
アチャ笑い事じゃないわよぉ・・・もうw

    本気で全員心配してたんだから!
プリンセスうんw  ・・・ご・・・ごめんごめんw

    何も心配する事なぃと思ってさー^^;
WIZいや・・・死活問題なんだよ、姉さん・・・。
リトルそうそうw

    あくまで『ウィッチ』なのに・・・見た目がマッチョじゃぁ

    姉妹で街も一緒にあるけないじゃなぃの^^;
アチャ見た目全然変わらないなら変わらないって・・・

    行く前に言ってくれればよかったのに・・・。
プリンセスそんなの私だって知らないもんw

    もしかしたら、ムキムキになって帰ってきてたかもしれないでしょ~w
ワンコドウナルカ分ラナイノニ・・・イッタンダネw
プリンセスもっちろん!w

    なってみたかったもん♪
テイマよかった・・・。

    姉さんが姉さんのままで。
武道しかしなぁ・・・。

    そんなひ弱そうな体で・・・本当に再振りできたのか?
プリンセスあらっ^^

    じゃぁ~誰か試してみるぅ~?
アチャ(バカぢゃないの? なに振ってるのよ!w
リトル(ほんとよっ! まったくこの男はいつまでも空気読まないんだから・・・
WIZぼ・・・僕は遠慮しとくよ・・・
ワンコ僕モ・・・遠慮サセテイタダクワン。
テイマ出番よ・・・紫陽花、雪月花。

紫陽花:え~?私達がすんのぉ~?

雪月花:死んじゃってもしらないよぉ~?w
テイマ貴女達、まだ姉さんと手合わせしたことない。

    良い機会だから・・・やってごらん。
WIZおぃおぃ・・・サキュバスはやりすぎなんじゃ・・・
アチャ姉さん、殺す気?w
リトルだいたい、100歳以上も離れてるのに・・・。
プリンセスフフン♪ 構わないわよ^^

    フル支援トランザム状態でかかってらっしゃい!

    もちろん・・・・2匹、同時にねw
テイマ遠慮なく・・・・ ~♪ ~♪♪ ~♪

紫陽花:さぁて・・・どこから切り取ってあげちゃおうか^^w

雪月花:泣いてもしぃ~らなぃ^^
プリンセスサキュちゃんズが相手か・・・

    よぉ~っし、ぢゃぁ私も・・・
リトル本気だしてみますか!  (注:長女

    かかってらっしゃい♪


WIZ(どっちが勝っても・・・地獄絵図じゃないだろうか・・・。
ワンコ(ソモソモ、サキュニ姉サン勝テルノカナ・・・。
武道(じっくり・・・見せてもらおうか・・・・。








色んな職業があって、それぞれに物理と知識がありますが・・・

 ・知識極みのドラツイ戦士が、刀も持ち上げれないモヤシっ子だったり
 ・氷雨・火雨を打ちまくる知識アチャさんの腹筋が割れてなかったり
 ・クエーサー撃ちまくるリトルがBISや剣士よりムキムキのガチガチだったり・・・

そんな、姿は見たくないわけですw
やっぱり知識極みでも戦士やアチャは筋肉質だし、物理型でもWIZやリトルはスレンダーなのだと妄想w
じゃぁ物理型のリトルは何が変わったのかというと・・・

  ウィッチ(魔女)だから、物理型は魔力を魔法に使うのではなく
  筋肉の繊維とかに魔力をつかって、普通の筋肉の量でも倍以上の力をだせる・・・とか?

と、思う今日この頃でした。 m(_ _)m



~ 家で・・・。 ~
WIZ正直なところ・・・僕はちょっと心配だ・・・。
アチャ多分、兄さんだけじゃないと思う・・・
リトル私は心配なだけじゃなくて・・・ キャラ被るっていぅw
武道・・・なんだ、そんなに悪い事か?再振り。
WIZいや、悪いってことじゃないんだけど・・・
アチャどうする? 筋肉ムキムキのBISみたいなリトルが帰ってきたらw
リトルえ~ヤダァ、そんなの魔女じゃなぁ~い><
WIZでも重要なの、そこだと思うんだよ・・・。
武道・・・なにがだ?
WIZ今まで、姉さんボトル姫だったんだよ・・・。
    だから、身体結構・・・華奢でさ。痩せてたっていぅか・・・。
武道それがどう問題になるんだ。
    いいじゃないか。武道っていぅのは、拳で語るもんだ。
アチャんもぉ~、あんたそれでも男!?
ワンコツマリ、皆ガ言イタイノハ・・・ムキムキノリトルヲ見タクナイッテコトサw
武道力が多くなるといぅことは、少なからず筋肉質な体系になるのが普通だ。
    自分で望んでなりに行ったんじゃないのか?あの人は。
WIZ想像してみなよ・・・。
    BISが色白になって、リトルの服着てるところ。
武道・・・・・・。
ワンコソウイウコトナンダワン。
リトル私イヤよぉ~? そんな姉さんと服共有するの><
アチャそもそもさぁ~? なんでそんなマニアックな職種に走ったわけ?
    私見たこと無いわよ・・・物理リトルなんて職種。
リトルあぁ~、そこよそこ!
    ウィッチ(魔女)なんだし、普通知識型でしょ~?
WIZまぁウィザードの世界にも・・・クリティカルWIZってのが稀に・・・
ワンコボクノトモダチニモイル。火吹キ犬。
武道俺は知識型の武道なんて認めん。
テイマ噂で聞いたって・・・言ってた。
    凄く強いって。
アチャえっ!? そんだけ?
リトル何、それだけでムキムキになりに行ったの?姉さん。
WIZっていぅか、お帰り。早かったね。
    ・・・あぁ、それは冷蔵庫じゃなくていいよ、すぐ使うから^^
テイマ友達に・・・天使いるから。
武道ふん。手足がなまってしまうぞ、そんなことでは。
リトル姉さんは、貴方みたいに武闘派じゃないのw
アチャあぁ~~ぁ。私ももぉ~すこし・・・筋肉ないほうがいいなぁ・・・
    見てよぉ、この腹筋w 女の子のお腹じゃないっしょw
リトルたるんでるより、良いんじゃない?
    それより、シャンプーでも変えたら?
アチャあ、こないだの!
    ほら町で見かけた奴さぁー、あれよさそうだったよね^^
リトルクレナさんも使ってるってやつでしょ^^
    なんか良さそうよね~。こんど買ってくるかな。
ワンコシャンプート毛ノ管理ハ重要ダワン。
武道髪など、石鹸で十分だ。
WIZ僕もそろそろ散髪かなぁ~・・・
アチャあ、兄さん私が切ったげるよ^^
WIZえぇ~いいよぉw
    だって何かおかしくなるもんw
テイマサキュバスに・・・切ってもらえば・・・。
リトル首から上、全部切られちゃうんじゃない?ww
ワンコ・・・!
    姉サン、帰ッテ来タミタイダヨ。
WIZえ~!?
    どうしよう、心の準備がw
リトル私見るのが怖~いw
アチャ平常心・・・平常心・・・。。。
テイマ姉さんが傷つくようなこと・・・言わないでよ・・・。
武道俺は素直な性格なんだが?
テイマ・・・言わないでよ。
武道な・・・なんだよ、そんなに睨むな。
    何も言いやしないよっ・・・。









・・・・ガチャ。