• 10<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >12

台風や梅雨の豪雨の影響は大きかったようで

ジメジメと辛い季節・・・どころか、死人がでる梅雨となった今年。

私は相も変わりませんw D-Star ですm(_ _"m)











雨が降っても雪が降っても、ただサボる・・・

我が家のキャラクターたちは全員、誰かにお世話になりながら

チマッ…チマッ・・・・と、成長を続けていますw

特に、最近のメイドの成長は目を見張るばかりでしたw

たった数日で200をオーバーするというのは

私のRS人生で最速でした(もちろんほぼ寄生)



さて・・・そんなメイドの最近。

五女:メイド 『メイドだし…役に立たなきゃ…』

と、本人は息巻いて狩場へ・・・

前回の記事に引き続き、リッチが適正なメイド

PTを組んでもらってすることは・・・

ただの寄生

呪いの墓で掃き掃除しながらCPを貯める・・・。

五女:メイド 『違う違う… こんなんじゃダメ…』

お仕えして、お世話をするのがメイドの仕事・・・。

少しは活躍したいと、思っているのです。

なのでリッチにも恐れず・・・向かっていき…

役立たずw

ストリップドレスでドレスを焼くどころか

全身、火だるま・・・

五女:メイド 『やっぱり私には早かったのかもしれない・・・』

せめて、デイリークエストは自分でやろうと

心臓パラモドキ!

左足を使わない、左足のダディーを掃除するメイド。

気が付けば200を過ぎてもIF1だったことに気が付き・・・

五女:メイド 『新しい箒を調達しなくっちゃ・・・』

と、IF1を自分で強化しにいくメイド。

普通に失敗する。

3回ほどチャレンジして…

手持ちの財産を使いつくし、

諦めることになりますw




そして、年齢はいつしか300を上回り・・・ (もちろん寄生上げ。。。

左足のダディーは相手にしてくれなくなります。

五女:メイド 『それでも・・・せめてデイリーは自分でしなきゃ;』


300歳からは手足の生えた、ハンマーぶん回す魚。

痛いキモい硬い・・・

ダディーとは比べ物にならない・・・強い。

闘士なら・・・ テイマなら・・・ と、嘆きながらも

心臓パラモドキ (30秒心臓6個ほど消費;;) で討伐。



そろそろ敵のLvが見えなくなってきたので・・・

五女:メイド 『自分で見極められるようにならなくっちゃ・・・』

と、モンスター鑑別の称号を取りに行くことになり

ひどい結末

生き返らせたこの人の奥さんが

目の前でゾンビ化していくのを見ることになる・・・トラウマを植え付けられる。







そして、

300を過ぎたので、ついに覚醒。

身の回りに聞いて回ってもメイドに詳しい人が少なく、

自分でネットを徘徊するも、ますます混乱。

悩んだ挙句、高レベルのフレンドさんにメイドに詳しい人を探していただき、

小一時間質問攻めに。。。

そして・・・

パラモドキ覚醒!

パラモドキ覚醒を無事に終えました。

 (SPが足りなさ過ぎて、覚醒スキルが取れなかった・・・)

そしてそのまま・・・

Gへ加入m(_ _

沢山の人に誘っていただき・・・

お言葉に甘えて加入させていただきました。

メイドのみ、このGにて育てたいと思いますw







そして、誘われるままに・・・

調子にのって、あろうことか・・・

PVに参加し・・・

予定調和

無事に・・・ 死にました。

本当に、迷惑ばかりかけるやつで申し訳ございません。。。








ただ、楽しかったですw

ほんと、すみませんm(_ _"m)

D-Star でしたw



コメント
この記事へのコメント
咲いた花なら散るのは覚悟
みごと散りましょ
他Gのため
2017/07/29(Sat) 19:29 | URL  | 通りすがりのぐすさん #Qi8cNrCA[ 編集]
通りすがりのぐすさん へ♪
> 咲いた花なら散るのは覚悟
> みごと散りましょ
> 他Gのため


ほかのGの邪魔にしかなっていない存在で・・・
大変申し訳ございませんm(_ _"m)
2017/08/02(Wed) 21:52 | URL  | D-Star #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック