• 03<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地下・・・ロシペル城にて・・・。 長女:プリトル  次女:テイマ (紫陽花:サキュ1 雪月花:サキュ2)  赤悪魔:ロシペル


次女:『ここが・・・ロシペル城・・・。』

紫陽花:「チョォ熱っ! お肌焼けちゃぅぢゃんっ!!」

雪月花:「にしても・・・遠かったぁ~!も~歩け~ん><」

次女:『貴女たち・・・飛んでるじゃない。』

雪月花:「そーゆーのをねぇ?揚足取るっていぅのよっ!」

紫陽花:「だいたぃねぇ~ぇ? 私らより前にでなけりゃ・・・」

次女:『10回も死なずにこれた・・・?』

紫陽花:「それよぉー!」

雪月花:「これが主様の姉様に知られて見なさいよ・・・私らミンチよ、ミンチ!?」

次女:『黙ってることにするわ。』

紫陽花:「巻物だってやっすいわけぢゃー無いんでしょ~?」

雪月花:「傷だらけになっちゃってさぁ? 私らが居る意味なぃぢゃ~んw」

次女:『・・・ごめん』

紫陽花:「もっとキビキビ命令してくれりゃーいいのよぉ~」

雪月花:「そーそー! 途中の敵なんて、雑魚ばっかぢゃなぃのw」

紫陽花:「主様の姉様みたいなのが居るわけじゃないんだしねーw」

雪月花:「テイマっていぅのは、後ろでドーンってかまえ・・・」

次女:『・・・・・ふぅ・・・ぅえ~~~~~~ん;;』

雪月花:(;゚Д゚)!

紫陽花:(;・∀・)?

雪月花:「ごめんごめん言い過ぎた!!」

紫陽花:「私ら悪かったからっ! もぅ言わないから!」

雪月花:「だから泣かないで、ね?ねっ?」

紫陽花:「(ちょっと、言いすぎよぉ)」

雪月花:「(だぁって、泣くとか思わな・・・いわけでもなぃけど・・)」

紫陽花:「(どぉすんのよ、泣かしたの姉様にバレたら!)」

雪月花:「(それはヤヴァィ。本当にそれはヤヴァィ><)」

次女:『・・・・グスン・・・』

紫陽花:「あ、ほら主様あそこっ。 あれ赤い悪魔、ね、いるから行こう」

雪月花:「あ~いたいた。 早く行って、帰りましょ、ね?」

次女:『・・・うん』



------------ 5 分 後 ------------


赤悪魔:【なんで持ってこなかったんだよ!】

雪月花:「やかましいわねっ! 忘れたっつってんでしょーがっ!」

紫陽花:「大体、悪魔のくせにケチなのよ! 5億くらいいーぢゃんかっ!」

赤悪魔:【アフォかっ!! こちとらコレで飯喰っとんぢゃ!】

雪月花:「手下でもなんでも動かして金稼げばいーでしょーが!」

紫陽花:「持ってきてないんだからしゃーないんでしょ!」

雪月花:「殺すわよ!?」

赤悪魔:【なんでやねん! てめぇらのほうがよっぽど悪魔じゃん!】

次女:『うわぁぁぁぁ~~~~ん;;』

雪月花:「どーすんのよ! 泣き止まなかったら姉様くるわよ!?」

紫陽花:「そーよ! アンタ(赤悪魔)はいいとしても、私らまでミンチよ!?」

赤悪魔:【知るかよっ! 大体、5億円持ってくるの忘れたのがいけねぇんじゃん!】

次女:『うえぇぇぇ~ん;;』

赤悪魔:【しかも逆切れじゃん!? 許してたら若いモンに示しがつかねーって!】

門番1:じーーーーー。

門番2:しらーーーー。

赤悪魔:【おまぃらも何かいえよw】

雪月花:「あーあ。 信じらんな~ぃ!」

紫陽花:「どぉすんのよ。 RSもぅ返しちゃってさ、報酬だけなんだけど!?」

雪月花:「出すもんだしてくれたら、アタシら何も言わないからさぁ」

次女:『5億・・・まけてください・・・』

赤悪魔:【無理っすよぉ・・・ だって決まってんだもん・・・】

雪月花:「あ~~~・・・もぅさ、誰かよんぢゃお?」

紫陽花:「えっ、姉様を!? 正気!?」

雪月花:「ちっがぅわよ、バカw 誰でもいいわ、ギルドに知り合いとか居んでしょ!?」

紫陽花:「あー・・・主様、友録リスト・・・出してくださいますか?」

次女:『うぅ・・・コレ・・・。』

雪月花:「さっさと電話しちゃいなさいよっ。」

赤悪魔:【もぅ始めからそうすりゃよかったじゃねーか・・・;;】

紫陽花:「・・・・ ・・・ ・・ ・ ・・ ・・・ ・・・・」

雪月花:「どぅ? だれか来てくれるって?」

紫陽花:「確保したわ。 持ってきてくれるって!」

雪月花:「まったく・・・主様のギルドはお人よしばっかね・・・」

赤悪魔:【どーでもいぃから、オレは5億貰えりゃ満足】

雪月花:「あんたは黙ってな! 殺されたいの!」

紫陽花:「5百万にまけてくれてたら、こんな事にはならなかったのよ!」

赤悪魔:【(無茶な;;)】



------------ 30 分 後 ------------



雪月花:「ねぇ・・・今日のこと、姉様にバレてなぃわよね?」

紫陽花:「姉様は今日モリネルタワーに行ってるはずだけど・・・」

次女:『知らないと・・・思う・・・』

雪月花:「もぅさぁ・・・カケラ集め兄様にしてもらえばいいと思う・・・」

紫陽花:「あんな風に5億ポ~ンと持ってきてくれる人がいなけりゃ・・・」

雪月花:「そうそう。8回分のRSが無駄になる所よ・・・?」

次女:『マスターに・・・相談する』

紫陽花:「やれやれ・・・長い1日だったわ・・・」



次女:『ただぃま・・・』

長女:『お帰りなさぃ^^ 大変だったわね~。5億、渡しとぃたから♪』

雪月花:(;゚Д゚)・・・

紫陽花:(;゚Д゚)・・・

次女:(;・∀・)・・・

長女:『紫陽花、雪月花^^ 言うことあるよね~♪』

雪月花:「(赤悪魔・・・今度泣かす;;」

紫陽花:「(我が人生に沢山の悔い有り・・・;;)」



RSが完成したことに気をとられ、報酬代金の5億をすっかり忘れてロシペル城へ・・・。

GV前の忙しい時間にもかかわらず、ロシペル城まで足を運んでくださったWIZ様

心より、感謝申し上げまするm(_ _)m



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。