• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

ザーーーーー・・・・・。

次女・・・よく・・・降る・・・・。

白檀:今日は狩りはお休みでございますか?
次女うん・・・。 家に・・・誰もいない。

沈香:なるほど、留守番を負かされたのですね^^
次女そう・・・。 たまには・・・休めって・・・姉さんが。

白檀:それが良いでしょう。

沈香:左様にございますね。 たまには家でのんびりと過ごすのも・・・。

白檀:うむ。悪くないな。

沈香:今日のお昼ご飯は我々がつくりましょう^^

白檀:良い考えだ♪ 貴族のおもてなしを・・・主に^^
次女そう? 楽しみ・・・^^

白檀:饂飩殿、蕎麦殿は・・・今朝方でていかれましたが?

沈香:あぁ。主の姉上に・・・引っ張られていきおったなw
次女護衛と荷物もちだって・・・言ってた・・・。

白檀:なるほど^^;

沈香:飼育者でもないのに、引導を手足のようにつかうとは・・・

白檀:まぁ、主の姉上様であるからなw

沈香:納得がいったよw

ズアァァァーーーーーーーー・・・ゴロゴロ・・・・
次女・・・雨・・・強くなってきた・・・。

沈香:停電にならねば良いが・・・

白檀:まぁまだ昼間だ。明かりくらいどうとでもなろう^^

沈香:蝋燭の買い置きが倉庫に・・・・・・っ!

白檀:!
次女・・・なに・・・?・・何か、見つけた・・・?

白檀:いえ・・・玄関の向こう側から・・・

沈香:だれぞ、近づいて参りまする・・・
次女姉さん達?

白檀:いや・・・

沈香:うむ。これは・・・違う殺気だの・・・。
次女珍しい・・・この家に・・・訪問者とは・・・

白檀:主は下がられよ。

沈香:左様。いざとなれば唐辛子の準備を・・・






    バァンッ!
次女警戒命令発動! それ以上中へ入れないで!

白檀・沈香:承知!

Miss.....Miss....Miss...

白檀:当たらんっ?

沈香:こいつ・・・何者・・・
次女仕方無い・・・特技発動。ハンドレッドソートつかって!

白檀:受けよ!

沈香:避けられまぃ!

Miss....Miss...

白檀:なっ・・・

沈香:こやつ・・・避けおった・・・

ドサッ・・・・    シーン・・・・
次女当たって・・・た?

白檀:いえ・・・

沈香:我々の攻撃はかすったのみ。勝手に・・・倒れた様子ですが・・・

白檀:こやつ一体何者・・・?
次女フードとマント・・・取ってみてくれる・・・?

白檀:承知した。

ファサッ・・・・

沈香:!? こやつ、人か!

白檀:モンスターではなかったのか。

沈香:このなり・・・武道家と見えるが・・・

白檀:我らの攻撃を回避しよった。恐らくは武道家の業であろう。
次女まさか・・・殺した?

白檀:いえ・・・HPは僅かですが残っておる様子・・・

沈香:少し熱がありますな。それに、呪い状態になっております。
次女万病・・・飲ませて・・・これ。

白檀:こやつを助けるのですか?

沈香:しかし放置するわけにもいくまい。
    このままでは衰弱して死ぬぞ。

白檀:フム・・・仕方が無いか・・・。











武道(・・・・・・) パチッ
次女目・・・覚めた・・・?
武道ここ・・は・・・ぐっ・・・ど・・・どこだ・・・?
次女私の家・・・。
武道貴様・・・何者だ・・・

白檀:助けてもらった割には、物騒な殺気よなぁ。

沈香:少し落ち着きたまえ。そんなに敵意見せる事もなかろうに。

武道なっ!? ハイエルフ!? 王宮かっ・・・ぐっ・・・ふ・・・。
次女異状は万病で治した・・・。怪我は・・・私は治療できなかった。

白檀:安静にされよ、いづれ主の兄上がもどれば治してもらえるであろう。
武道・・・・・。

白檀:・・・こやつ、また眠りに付いたようだ。

沈香:やれやれ・・・主の布団を占領しおってからに・・・。

白檀:太い神経しとるのw
次女兄さん・・・まだかな・・・。












長男アスヒはちゃんと効いみたいだけど・・・。
次女有難う・・・兄さん・・・。
四女ってぃうかイキナリ人ん家に殴りこみって・・・
三女初等教育、受けてなかったりしてねw
長女今は、ワンちゃんがついてるのね^^
長男何かやらかしても・・・大丈夫なようにねw

白檀:どうでしょう・・・

沈香:我々の業を完全に避けきった奴ですからな・・・。
四女大丈夫なんじゃないの?w
    なにかしようものなら、爪でズタズタにされるわよw





番犬目ガ・・・・覚メタヨウダネ。
武道あぁ・・・随分寝てしまったようだ・・・今、何時だ?
番犬23時ヲ過スギタトコロサ。
武道こうしてはいr・・・!? お、狼男?
番犬何処ヘ行クツモリカ知ラナイケド、少シハ大人シクシテヨネw
    暴レルナラ、マタ怪我スルコトニナルヨw
武道俺をどうするつもりだ・・・?
番犬ソレハ・・・僕ガ決メル事ジャナイサ^^b
    サ、下ヘ降リヨウ。立テルカイ?
武道ふん・・・舐めるな。






三女あ、起きたみたいね^^
四女こんばんわ?それともお早うがいいかなww
長男お腹、減っただろう。ご飯あるよ。
次女(・・・・。)
武道ここはどこだ。
長女まぁまぁ^^ そこの椅子へお座りなさいな^^
    別に監禁しようって訳でもないのだから^^
武道・・・。
長女さて。落ち着いたところで^^
    自己紹介でもお願いしましょうか^^?
武道ここは・・・どこなんだ?
四女だぁ~からねぇ~?
    自己紹介よ自己紹介w
三女人の家に殴りこみしてきたんだから・・・
    それくらいのことは、出来るでしょ^^
武道・・・。
次女お仕事・・・ 何。
武道武道家だ。 助けてくれたのは・・・お前か。
次女攻撃したもの・・・私・・・だけど。
武道お前・・・ビーストテイマーか。
三女あらあら、みた事無いって顔ねぇw
四女まぁ珍しいといえば・・・珍しい職業かしらねw
長男ロマが小さな村だからねw
次女貴方に攻撃したのは沈香と白檀。 私の仲間よ。
武道そうか・・・・・・。
    俺は・・・・・・
    俺は・・
長女焦って全部言う事もないわ^^
    行くあてが無いなら、ここに留まるといいでしょう^^
    悪いようにはするつもりはないわよ♪ ねっ^^
三女イケメンだしね~^^
四女男手は、多いほうがいいわよねぇ?兄さんw
長男僕はいつも・・・男手に数えられてないよね・・・orz
番犬僕ハ、オス手ニナルンダローカw
次女・・・w
武道・・・すまん。
長女じゃ、決まりねw
    今夜はワンちゃんと一緒にねなさいな^^
    テイと一緒って訳にも、いかないでしょw
次女(//_//)
番犬ジャー僕ハ、今日ハソファーデ寝テモ怒ラレナサソウカナw
三女ベッドよりソファーがいいなんて・・・・流石ワンちゃんよねw
四女何かあったら、ワンちゃんよろしくねw
武道別に、世話になった以上なにかを起こすつもりは・・・
長男あははw
長女さぁて、今日はこの辺にして寝るわよ^^
    また明日にしましょ♪
武道世話に・・・なる。
次女うん・・・。








と、こんな感じで我家に武道が乱入してきましたw
武道の攻撃力は、ワンちゃんやハイエルフに慣れていた私にとっては涙モノでしたが・・・
恐るべき回避力が、なかなか面白い職業ですね♪
では、今日はこのへんで^^


コメント
この記事へのコメント
新キャラ登場で
ますます面白いドンマイ劇場(≧~≦))ププッ

少し緊迫したシーンもあってより一層読みごたえがある作品に(゜▽゜)
2010/07/08(Thu) 12:21 | URL  | ツン☆デレ #-[ 編集]
> ツン☆デレさんへ
ぼぉ~っとしながら書いてたら
いつの間にかカナリの長さになってしまいまして・・・

嗚呼・・・文章を纏める能力に欠けているのか・・・私は・・・orz

と、ちょっと思ってしまった記事でした^^;
喜んでいただけたなら、よかったです♪
2010/07/12(Mon) 15:34 | URL  | D-Star #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック