• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

節分明けて、2月4日です

今日は天気がいいですがメッポウ冷え込んでて・・・さむっ!

お早う御座います 修士論文も後半戦の D-Star です。

















(修士論文発表会が10日に控えており、本文書くだけでなく発表準備も忙しくなってまいりましたw)

















そんなこんなで、結局相変わらずの生活です

しかしまぁ、昨日は日が変わる前にに帰宅できたためにRSIN

日付変更ギリギリでしたので、秘密に行くのも・・・何だかなぁ

・・・って、思っておりましたら、お友達のBISさんからボス狩りのお誘い

BISさんのレベルが着々と上がっていらっしゃるようなので、200歳に備えてT品取りに行くそうです












目的地はドレミラ B2です。

まぁ散歩で何度も行ってますので走れない距離でもありませんが・・・

BISさん(天使)いるなら、コーリング なんて楽チンなんだw 素晴らしいわっ








ところで、辺境の地ですから人が居ることは期待してないです。

いないほうがライバルが少なくていいですけどw








そして目的の地、B2の奥地へ到着

タコ??? タコなの???

うわぁ・・・・ 結構・・・いえ、猛烈気持ち悪いわ。

Pにイカっぽいのがいますけど・・・アレは結構好きなんですけど・・・

これは・・・色的に、足的に、タコ・・・?

しかし・・・ええ。受け付けないわ

だって、どう見たって・・・長い舌の先に・・・がついてる・・・。

後ろから。

背中はこんな感じ

背中に・・・サークルシールドラウンドシールド?的なものを背負ってます

(そこにあったら、使えないんぢゃないのかな・・・)

いや、それよりも・・・それよりもね。



貴方、その刀大きすぎでしょうがっ!



刃渡りが私達と同じくらい・・・。持ち手も含めると遥かに長いです

それを御手玉のようにフンフン投げまわしてます・・・いちいち挙動気持ち悪いですわ










・・・さて、見るために来たわけじゃないのでバトルへ突入

効いてない・・・。

このタコは、スタン効けば混乱も効き、混乱状態にすれば通常攻撃は当然受けません

(試してませんが、気合で石化も睡眠も効くんじゃないでしょうかw)

しかしこの・・・タコは・・・、抵抗が他のボスの例に漏れず猛烈に高い見たいで。

ステータスを調べてみたところ

HP 420041  攻撃力89~113 防御力473
火 94 水 121 風 52 土 52 光 47 闇 66

・・・う~ん。

さすがはボスといったところでしょうか

が特に完璧なまでの抵抗を持ち合わせており、私のボトル投げは半減どころか9割減

タコ・・・ですから

なるほど、斬ったほうがいいみたいですね。刺身にしてやんよぉ(剣士さんが。)



パチンッ! 来いっ、ガンダァ~~~(ry

斬る☆刺す☆突く

というわけで、お友達の剣士さんも巻き込みます。(コルは便利w

2人以上が近づくと、範囲攻撃をしてきます。(多分一人でもしてきます

上の絵は、光属性攻撃のようで、タコの脳天からのような光が散らばります。綺麗です

さらに、SS撮ったと思ったのに取れてなかったんですが氷雨も撃ってきます。これが結構痛い

まぁ・・・BISさんが1人いるだけで属ダメ無意味と化すんですけどね BISさんは偉大









結局白ダメしか満足に通らないタコさんに対して、剣士さんだけでは随分時間が掛かりました

しかもドロップされたのはT鎧1個のみ

まぁまた来ましょう・・・

次は物理屋さんをもう少し・・・援護に欲しいカナ






しかしまぁ~、久々に遊んだ気がするわぁ 楽しかった








というわけで、恒例のトレジャーです。
ん~・・・。

ん~・・・。
最近金色を見てないような気がするんですが、気のせいですかw

あら^^

あらww
赤なのに6点とは♪ もう、色全然関係ないんじゃないかな・・・w                (´∀`*)ノシ バイバイ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック