• 11<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >01

長女:プリトル  長男:WIZ  次女:テイマ  三女:闘士

長女:『これが・・・鏡の魔法書・・・。』

長男:『なんか・・・神々しい気を放ってるね・・・』

三女:『ただの鏡なのにね・・・』

次女:『もぅ・・・これで最後』

長女:『ほんっと、お疲れ様だったわね~^^;』

長男:『カケラ集めの件、マスターに了解してもらえたんでしょ^^?』

次女:『うん。 もぅ自分のために頑張れって』

長女:『テイマでカケラ集めはね~、酷よね~』

長男:『範囲狩り・・・しづらいからね』

三女:『その代わりは私になるわけ?w』

長女:『MQまだだっけ?』

三女:『うんw マスターがヤル気なぃみたいw』

長男:『あ~・・・あれはね~・・・ヤル気にはならなぃね~』

三女:『無課金中やもんね』

長女:『そこが一番デカィ理由ねw』

次女:『鏡は・・・ なにするの』

長女:『そっれがねぇ~~~迷ってるのよ!』

長男:『何でまよってるん?』

長女:『えっとね~・・・・

[運比][HP][RS]花乙女 [ダメ][HP][HP]スタチャ [運比][HP][攻速]追跡人

[運比][運比][敏比] [速度][ダメ]ロイヤル [力比][力比][力比]ハード

長女:『 こんなところかな?』

長男:『迷いすぎ・・・ というか、こんなにする気なのか姉さん。』

三女:『欲深いというか・・・ そもそも、全部装備できなぃわ私』

次女:『私には必要ない・・・』

長男:『装備Lv的には・・・Tハード以外全部無理だね・・・』

長女:『そーなのよね~。 家族みんなで使えるのは、Tハードくらいかしら?』

次女:『私と兄さんには・・・無意味な代物ね』

長男:『犬になったら、知識上がっちゃうもんな、それだとw』

三女:『W運比敏比足なら・・・いける?』

長女:『装備Lvどのくらいかしらね~・・・?』

次女:『比率Lv2は75上昇。 3つなら225上昇。』

長男:『DX系の靴なら、やっぱ無理かなw』

三女:『だいたぃ、上の6つ全部やってたらさ・・・』

次女:『3回に1回・・・の成功率を6回で計18回。 1つ最短2ヶ月で36ヶ月』

長男:『3年か・・・! これは僕のモチベの問題だろうけど・・・』

長女:『ま、無理ねw』

三女:『私が手伝えたとしても、その半分か・・・』

長女:『全部しようとは、思ってないわよw』

次女:『マスター次第』

長女:『しかもこの最初の1回だって・・・成功するかどうかも分からないし』

長男:『失敗したら・・・立ち直れないな・・・』

長女:『半年・・・かかったものね。 それに5億も。』

三女:『いざやるにしても・・・勇気がいるよねぇ~』

長女:『失敗したら・・・ 転生するわw』

長男:『なぜだw』

長女:『これ以上強くなれないし、狩場で狩れないし・・・』

三女:『高レベル狩場は辛そうねぇ~』

長女:『なにより、足元の転生陣に憧れる♪』

次女:『どうなることやら・・・』



鏡は何とかGETしたものの、やる勇気も、何をするのかも漠然としておりますw

とりあえず、来年になってからかな~なんて思いながら・・・ サボリ全開中♪

今年も残り僅かですが、宜しくお願い致します♪


地下・・・ロシペル城にて・・・。 長女:プリトル  次女:テイマ (紫陽花:サキュ1 雪月花:サキュ2)  赤悪魔:ロシペル


次女:『ここが・・・ロシペル城・・・。』

紫陽花:「チョォ熱っ! お肌焼けちゃぅぢゃんっ!!」

雪月花:「にしても・・・遠かったぁ~!も~歩け~ん><」

次女:『貴女たち・・・飛んでるじゃない。』

雪月花:「そーゆーのをねぇ?揚足取るっていぅのよっ!」

紫陽花:「だいたぃねぇ~ぇ? 私らより前にでなけりゃ・・・」

次女:『10回も死なずにこれた・・・?』

紫陽花:「それよぉー!」

雪月花:「これが主様の姉様に知られて見なさいよ・・・私らミンチよ、ミンチ!?」

次女:『黙ってることにするわ。』

紫陽花:「巻物だってやっすいわけぢゃー無いんでしょ~?」

雪月花:「傷だらけになっちゃってさぁ? 私らが居る意味なぃぢゃ~んw」

次女:『・・・ごめん』

紫陽花:「もっとキビキビ命令してくれりゃーいいのよぉ~」

雪月花:「そーそー! 途中の敵なんて、雑魚ばっかぢゃなぃのw」

紫陽花:「主様の姉様みたいなのが居るわけじゃないんだしねーw」

雪月花:「テイマっていぅのは、後ろでドーンってかまえ・・・」

次女:『・・・・・ふぅ・・・ぅえ~~~~~~ん;;』

雪月花:(;゚Д゚)!

紫陽花:(;・∀・)?

雪月花:「ごめんごめん言い過ぎた!!」

紫陽花:「私ら悪かったからっ! もぅ言わないから!」

雪月花:「だから泣かないで、ね?ねっ?」

紫陽花:「(ちょっと、言いすぎよぉ)」

雪月花:「(だぁって、泣くとか思わな・・・いわけでもなぃけど・・)」

紫陽花:「(どぉすんのよ、泣かしたの姉様にバレたら!)」

雪月花:「(それはヤヴァィ。本当にそれはヤヴァィ><)」

次女:『・・・・グスン・・・』

紫陽花:「あ、ほら主様あそこっ。 あれ赤い悪魔、ね、いるから行こう」

雪月花:「あ~いたいた。 早く行って、帰りましょ、ね?」

次女:『・・・うん』



------------ 5 分 後 ------------


赤悪魔:【なんで持ってこなかったんだよ!】

雪月花:「やかましいわねっ! 忘れたっつってんでしょーがっ!」

紫陽花:「大体、悪魔のくせにケチなのよ! 5億くらいいーぢゃんかっ!」

赤悪魔:【アフォかっ!! こちとらコレで飯喰っとんぢゃ!】

雪月花:「手下でもなんでも動かして金稼げばいーでしょーが!」

紫陽花:「持ってきてないんだからしゃーないんでしょ!」

雪月花:「殺すわよ!?」

赤悪魔:【なんでやねん! てめぇらのほうがよっぽど悪魔じゃん!】

次女:『うわぁぁぁぁ~~~~ん;;』

雪月花:「どーすんのよ! 泣き止まなかったら姉様くるわよ!?」

紫陽花:「そーよ! アンタ(赤悪魔)はいいとしても、私らまでミンチよ!?」

赤悪魔:【知るかよっ! 大体、5億円持ってくるの忘れたのがいけねぇんじゃん!】

次女:『うえぇぇぇ~ん;;』

赤悪魔:【しかも逆切れじゃん!? 許してたら若いモンに示しがつかねーって!】

門番1:じーーーーー。

門番2:しらーーーー。

赤悪魔:【おまぃらも何かいえよw】

雪月花:「あーあ。 信じらんな~ぃ!」

紫陽花:「どぉすんのよ。 RSもぅ返しちゃってさ、報酬だけなんだけど!?」

雪月花:「出すもんだしてくれたら、アタシら何も言わないからさぁ」

次女:『5億・・・まけてください・・・』

赤悪魔:【無理っすよぉ・・・ だって決まってんだもん・・・】

雪月花:「あ~~~・・・もぅさ、誰かよんぢゃお?」

紫陽花:「えっ、姉様を!? 正気!?」

雪月花:「ちっがぅわよ、バカw 誰でもいいわ、ギルドに知り合いとか居んでしょ!?」

紫陽花:「あー・・・主様、友録リスト・・・出してくださいますか?」

次女:『うぅ・・・コレ・・・。』

雪月花:「さっさと電話しちゃいなさいよっ。」

赤悪魔:【もぅ始めからそうすりゃよかったじゃねーか・・・;;】

紫陽花:「・・・・ ・・・ ・・ ・ ・・ ・・・ ・・・・」

雪月花:「どぅ? だれか来てくれるって?」

紫陽花:「確保したわ。 持ってきてくれるって!」

雪月花:「まったく・・・主様のギルドはお人よしばっかね・・・」

赤悪魔:【どーでもいぃから、オレは5億貰えりゃ満足】

雪月花:「あんたは黙ってな! 殺されたいの!」

紫陽花:「5百万にまけてくれてたら、こんな事にはならなかったのよ!」

赤悪魔:【(無茶な;;)】



------------ 30 分 後 ------------



雪月花:「ねぇ・・・今日のこと、姉様にバレてなぃわよね?」

紫陽花:「姉様は今日モリネルタワーに行ってるはずだけど・・・」

次女:『知らないと・・・思う・・・』

雪月花:「もぅさぁ・・・カケラ集め兄様にしてもらえばいいと思う・・・」

紫陽花:「あんな風に5億ポ~ンと持ってきてくれる人がいなけりゃ・・・」

雪月花:「そうそう。8回分のRSが無駄になる所よ・・・?」

次女:『マスターに・・・相談する』

紫陽花:「やれやれ・・・長い1日だったわ・・・」



次女:『ただぃま・・・』

長女:『お帰りなさぃ^^ 大変だったわね~。5億、渡しとぃたから♪』

雪月花:(;゚Д゚)・・・

紫陽花:(;゚Д゚)・・・

次女:(;・∀・)・・・

長女:『紫陽花、雪月花^^ 言うことあるよね~♪』

雪月花:「(赤悪魔・・・今度泣かす;;」

紫陽花:「(我が人生に沢山の悔い有り・・・;;)」



RSが完成したことに気をとられ、報酬代金の5億をすっかり忘れてロシペル城へ・・・。

GV前の忙しい時間にもかかわらず、ロシペル城まで足を運んでくださったWIZ様

心より、感謝申し上げまするm(_ _)m


長女=プリトル , 長男=WIZ , 次女=テイマ , 三女=闘士

長女:『で・・・12月に入ったわけよね。』

次女:『久々・・・このタイプの記事』

長男:『マスターがさ、10月のブログランキング見てかなり凹んだらしいよ?』

三女:『私の登場が少なかったからよっ! 間違いないw』

次女:『それは無関係』

長女:『なっさけなぃわねぇ~?』

長男:『無課金でもあったみたぃだし。』

長女:『あ~~~それね、私は良いと思った、うん、とても♪』

次女:『散歩ができるから・・・。』

長女:『もぉね、毎日GDだの秘密だの、やれクエだのってそりゃもぅ・・・』

三女:『一番忙しそうだったもんね~w』

長女:『そぉよ~? お陰で675歳ってこれはもぅ立派な廃人よww』

長男:『いいぢゃなぃか。レベルが上がるのは^^』

三女:『私らなんて、課金してたって秘密もGDも・・・』

次女:『私の存在はカケラ出しでしかなぃ』

三女:『ねーっ! それもどぉかと思うよねぇー?』

長男:『僕は・・・構わないけどな・・・メテオ面白いし・・・』

三女:『兄ぃさんはねっ、そぉんなガリガリの身体してメテオなんて打つから・・・』

次女:『毎日、死んで帰ってくる』

長女:『バランス、考えようね♪』

長男:『うん・・・ まぁ・・・ ね。』

三女:『だいたぃね、何で月光着ときながら・・・死ぬの?』

次女:『プレイヤースキルがなぃ』

長男:『い・・・いや、それはその・・・』

長女:『釣りすぎなんぢゃなぃの?』

長男:『ほら、メテオの攻撃範囲って予想以上にひろぃ・・・』

三女:『周りが見えてないのよねぇーw』

長男:『あ・・・ほら、マスター風邪も引いてるらしいよ?』

長女:『風邪“も”って何よ、“も”ってw』

次女:『バカは・・・』

三女:『ぢゃぁマスターはバカじゃないとw』

長女:『そもそも、風邪なんてひかれたら、私たち何もできなぃぢゃん・・・』

長男:『そりゃそうだけど・・・しかたがないんじゃなぃかな』

次女:『だって人間だもの』

三女:『そういえば、私たちって風邪ひかないわねぇ~・・・』

次女:『風邪っていぅ異常状態がなぃし、なににかかったって万病があれば』

長男:『うんまぁ・・・そうなんだけどね・・・』

長女:『暇なのよぉー・・・散歩に行きたいわっ♪』

三女:『マスターが課金するまでは・・・元気になれば毎日いけるんじゃない?』

長女:『もぅ課金しなくていーわっw』

長男:『それぢゃぁ育たないじゃないかw』

長女:『いーのっw 育てた所で、上には上がいるってものよ?』

長男:『みもふたもない・・・orz』

三女:『転生は? 姉さん、しなぃの?』

長女:『だぁ~って、今したらほら・・・400だか500だか・・・下がるんでしょ?』

次女:『675歳の転生後は492歳』

長女:『ほらぁ~・・・ロイヤル持てないぢゃん?』

次女:『間違えた・・・494歳』

長男:『お、2歳上がった^^』

三女:『変わらなぃんぢゃなぃ?ww そのレベルの2歳ってw』

長女:『ロイヤルは544歳よぉ? そこまで上げるのに・・・またミズナが待ってる・・・』

長男:『いくつなの?544歳になれる転生前のLvって・・・』

次女:『700』

長女:『むぅ~~りぃ~~~w』

三女:『気の長い話ねぇ・・・』

長男:『700か・・・そんなWIZになってみたぃな・・・』

三女:『メテオ狩りで頻繁に死ぬようなWIZは、転生できなぃと思うわよw』

長男:『・・・頑張るよorz』



次女:『・・・突然だけど。』

長男:『ん?』

長女:『どしたの?』

三女:『なになにー?』



次女:『今月も、どうぞ宜しくお願い致します。』
D-Star でした m(_ _)m