上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このときを・・・どれほど待ったことか。


一時期はとてもそんな領域には踏み込めないだろうと思ってた。


周りにいる遥か高レベルの方々を見上げて、いつかあんなふうになりたいと思った。


凄い高レベルですね  ・・・そういうと 「ぜんぜんマダマダだよ」


そう言っていた200歳超えの人々。 今なら何となく分かる。


まだ・・・私はマダマダなんだ。


200歳に到達して下を見れば、確かに私より年下の人がいて


その人にしてみれば多分私は高レベルなんだろう・・・昔の私のように。


だけど狩り場にいけば、私と同レベル帯の人が沢山居て


上を見上げればキリがないほどの高レベルさんが値が存在する。


師匠の一人は600歳をとうに越えてるし、400や500台の師匠も沢山居る。


400歳・・・500歳・・・600歳・・・私の2倍、3倍も遥か彼方の人々をみれば


200歳も、たかが200歳なのだろうなって思う。









RSを始た当初、スキルの取り方を知らずにウサギをとって感動した。


20歳にもならない内に、支援広場のWIZさんに連れられてスウェブタワーに行ったこともある。


40歳の頃・・・赤目B3で篭ってみたり、師匠に引っぱられてテンプラーへ行った日々。


60の頃には黒エルフの美味しさを知り、朝までやったこともあった。


90になるとコロッサス。 ところがこのあたりからレベルの上がりづらさを感じる。


120歳の頃、廃坑にもいけず、かといってコロッサスもなんだかw ひたすら散歩してた。


120~140歳の時間が最も長かった気がします。


年をとるのは、高レベルさんに寄生しての狩りのみで、あとはテイマに寄り道してみたり


散歩や遠足・・・あとはその頃、卒論があったりして忙しかったこともあるのかな?


140歳後半から覚醒し、200歳になるまでの約60歳分・・・。


1ヶ月半程度で私には有り得ないくらいの急成長をした。


あまりに成長しすぎて、気持ちが悪くなった。


なによりも・・・思い出があまりない。 この60歳分・・・私はドーナツとレイスしかしてない。






1年と半年ちょっと。


200歳に到達するまでにかかった時間は、多分他の人の何倍もかかってるだろう。


課金者と比べると、とんでもない差かもしれない。


私の後にRSを始めて、はるか高みへと登っていった課金者たちは数知れず。


もう追い抜かれることになんの抵抗も感じず、むしろ頑張って~って感じ。






あの頃夢見た200歳の領域・・・その領域に踏み込んだ自分は


まだ初心者の頃の私からみて、成長してるのかな?


私は、貴女が描いた理想の200歳になれてるかな?





今後は、ちょっとレベルあげのペースを落とします^^


師匠に言われた、メインクエストの2をやってみようかなって思ってます。


300歳の更なる高みを目指すのは・・・しばらく先ということにして♪


とにもかくにも、私・・・・おめでとう^^

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。