上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


皆様大変お待たせいたしました。

しかし、一番待ってたのは私だと確信がもてる。

やっと公式HPのファンサイトランキングへ参加することが出来るようになしました。



登録されたということで・・・・

テンプレートを可能な限りイジリ倒し

前回のブログでもしてないほどの大改造を行っているところであります。



まず、ブログ名のヘッダーですが

フォト●ョップとかで編集した絵をペッタンコ

記事の背景には、出来るだけ綺麗な・・・だけど薄い背景的な感じで

姫とリトルを乗っけております。 かわいいでしょう^^

ブログの背景には、別のサイトから拝借したアイコンをツラツラと並べ

ど派手に大変身を遂げております♪









ひとつ思うのです。

『多分、やりすぎた。』








とりあえず、記事背景に絵があるばっかりに

本文が見え辛いことこの上ないわけです。

これは・・・文章の色を変えるか、背景をもっと薄くするか・・・もしくは白黒か・・・。

このように

文字を灰色じゃなくて黒にすれば多少は見える度がUP?

もしくは、この記事背景をブログの背景にし

記事には背景をつけないほうがいいのか・・・・


ちょっと難しぃ ><;









皆様のご要望があれば、変えて行きます。

ブログのヘッダーも、背景が古都噴水じゃないほうがいいなら、多少は変更が利きますよ^^









あっ、あと。

ファンサイトランキングにめでたく登録できたということで



貼り付けてみます。

ランキングの上位に進出することは多分・・・いや絶対ないのでw

投票よりもむしろ、お気に入りに入れていただいて

ポケェ~っと眺めてくださればそれだけで♪

あ、見た人はコメント2回に1回は書いてくださいw

コメントがあると、管理人のテンションがダダ上がりしますんで★










最後に。

可愛いなぁ~と思ってつけている、マウスを追っかけるキラキラですが・・・

剣士さんには不評でしたw ヤッパリみづらいとのこと。

消そうかなって思っております~^^

                                   とりあえず、報告まで。 ^^v
                                   これからも宜しくお願い致します♪
スポンサーサイト

鉄鉱業で賑わいを見せているハノブ。

そから南西へしばらくいくと、『ハノブ高台望楼』という場所があります。

今回は、そこへお邪魔させていただきました。




あれは・・・40歳くらいの頃でしょうか?

世間ではネクロクエと呼ばれる、低レベル時にはとても美味しいクエストがありました。

そのときにはとても一人じゃ対抗できなかった死霊魔術師:通称ネクロ。

ここハノブ高台望楼B3には、今でもネクロマンサーが6匹ほどすんでいます。




今回の目的・・・それは、ネクロマンサーを手玉にとること。

私も、もう170歳になり・・・ネクロどころか、レイスにすら負けない。

体中火抵抗装備をそろえれば、レイスの中央に沸くワイトもソロが出来る。

(実際、PTメンバーが何故かお墓の外に放り出されたときに
 ウサギダッシュして、一人で倒した経歴有。 あれはどうして、あんなところに放り出されるのかナゾw)

そんな私が、たかが40そこらのネクロになんか遅れをとるわけが無いと信じ

さぁ到着です。






B3には4箇所ほどネクロが沸く場所があり

その中でも南側に位置する空間には、3匹ほどが集中しています。

さぁそこでまずはバトル♪

ボトル投げぇ~~・・・・・って、2発かぃっ!?

歳というのは恐ろしい。

昔は攻撃がカスりすらしなかったレイスが2発で昇天。






・・・ところで。本来の目的にうつります。

今回は、ネクロを手玉に取ること・・・でしたね。

『いいのかなぁ~? 私、レイスやワイトも知り合いなんだけど?』

『彼ら、まぁまぁ強かったんだけど、私の敵じゃなかったなぁ~??』


なんて、ネクロを脅しますと。

こんなことも出来ちゃうわけです。

はい、バンザイ!
はい、今度はお手!

( ´,_ゝ`)クックック・・・

( ´∀`)フハハハハ・・・

(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!


これじゃぁどっちが悪者なのかわかりませんね^^;







今回はこれで満足。

あまりモンスターをいじめすぎると、呪いが適正になったときに

いじめられそうで怖いですw

                                           m(_ _;)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。